マイホームの敵!シロアリを追いだす【専門業者に依頼するのが主流】

耐震性に黄信号が灯る前に

困る人

床下だけではない被害箇所

耐震性の高いマイホームを購入しても、安心はできません。なぜなら、シロアリがマイホームを狙ってくるためです。築年数の経った古い建物だけが、シロアリ被害に遭うわけではありません。築1年から5年ほどの新築住宅であっても、シロアリ被害に遭うケースが多くあります。まずはシロアリ被害の怖さを知ることが、万全の対策を講じる第一歩となります。シロアリは、クロアリと同じく土の中に巣を作ります。多い場合には1つの巣に10万匹が生息しており、集団となってエサとなる木材を襲います。基礎がコンクリートであっても侵入するケースがあり、木造住宅であれば必ず対策が必要です。何も対策をしなければ、床下の構造体が被害を受けてしまいます。構造体は、住宅の耐震性を左右します。つまり、シロアリ被害に遭った住宅は、耐震性が大きく低下するということです。また、住宅が傾く場合や浸水被害につながるケースもあります。さらに、木材であればエサにするため、壁や柱、梁まで被害が拡大します。屋根までボロボロになり、修復費が膨れ上がる事態になりかねません。シロアリは冬眠することはなく、年中を通して活動します。まずはシロアリ駆除業者に相談し、マイホームに最適な対策を行いましょう。業者では、駆除のほかに予防工事を行っています。予防効果は5年ほど持続するため、定期的に検査を受けたいところです。人体やペットに被害が及ばない薬剤が用いられるため、小さなお子さんがいる家庭も安心して工事を依頼できます。

Copyright© 2018 マイホームの敵!シロアリを追いだす【専門業者に依頼するのが主流】 All Rights Reserved.